貯金ノウハウ

世の中のほとんどの方は、貯金していると思います。しっかり貯まっている方もいるとは思いますが、なかなか貯まらない方も多いのではないでしょうか。その理由の1つとして、貯金の目的がはっきりしていないということがあります。
貯金は何のためにするのでしょうか?無欲であればお金が貯まる、そういうわけでもないようです。また、貯金がないと、今後予測しえない事態が起きたり、自分の夢をかなえたいときに十分対応できないことが起こりそう。あなたが貯金をするのはなぜですか?

貯金している方の多くが、病気や災害への備えとしてお金を貯めているそうです。
日本では国民健康保険や雇用保険など、いずれかの公的医療保険に入ることになっています。
ですので、病気や怪我をしたとき、治療費は多くても3割の自己負担だけで良いはずです。
また、大きな怪我などで自己負担が高額になった場合には、確定申告によってその一部を還付してもらえます。
しかし、入院や手術、長期の治療が必要な場合など、一度はまとまった金額を支払わなければなりません。
ですので、そのために貯金している方が多いのです。
また、災害で損害を受けると、公的支援を受けられたり、税金が安くなったりなどの優遇があります。
しかし大地震のように広域にわたる自然災害では、損害保険が免責になるケースが多く、その場合は保険金がもらえません。
ですので、自分で再起していけるだけの貯金が必要になるのです。

近年、年金制度への不安からか、老後の生活資金として貯金する方が増えてきています。
会社員の場合は給与額によって年金額が違いますが、現役時代の6割程度の年金をもらえるとされています。
しかし、給付率は下がるとされているため、約半分になることも予想されます。
また、自営業者の場合は、一律で月6万5千円程度しかもらえません。
加入期間が短い方は、もっと少ない金額になりますし、これだけで生活できるのか不安です。
ですので、老後も今と変わらない生活を送るには、ある程度の貯金が必要になるのです。

お金は様々なことに使えますが、今持っている分しか使うことができません。また、使い切ったらなくなってしまうものです。
なにかあったときのために決まった金額を定期預金に入れておいたり、積立式の保険にしたり、方法はいろいろあります。
特に目的が思いつかない方は、老後にもらえる年金と、現在毎月使っている金額を比べてみてください。
同じ生活をするには、結構な貯金が必要だとわかるはずです。

目的をしっかりもって貯金することで、長続きしますし、その結果貯金に助けられるときがくるのです。

結婚式 名古屋ならアールウエディングスにお任せ。バッチリ相談できます。

宅配買取の買取王国のホームページはコチラ

結婚相談所 名古屋をお探しならブルーメへお越し下さい。